痴漢シチュエーション動画

生々しいリアル感の痴漢シチュエーション動画

制服の若い女の子が執拗につけまわされた挙句に‥

女の子の住居を特定~侵入~薬物を使い昏睡レイプ

【注意事項】
※本作品の出演女性は身分証にて18歳以上と確認済みの方です。
※出演女性の同意の元撮影しています。

以上の注意事項が明記されてありますが、
全編ノンフィクション風で迫真のシーンがあり、
本当にフィクションかどうかは疑問。


下校時間に街中を歩く制服の美少女JK

つけまわし盗撮のシーンでは鞄に忍ばせたカメラによる
足元からのローアングル撮影が淡々と続く。
この盗撮パンチラは少女の背後からつけまわし続けて、
歩く少女の前方から背後までの接写が執拗に撮影されている。
尚、撮影場所の特定を避けるため背景には常時モザイクがある。
※少女の顔などにはモザイクは無し

冒頭シーンではカメラの光量が足りないせいか若干薄暗く、
スカートの中は少し見え辛いが、
やがて白いサテン生地の下着が鮮明に写る。
ここまで接近すると若干ヤラセのように感じてしまうが、
平然と街中を歩き続ける少女はごく自然な表情で
かなりリアル。
時折スマホを触りながら歩いている少女。
その伏し目がちで無垢な顔にそそられる。

場面はリアルタイムで商業施設へと続く。

おそらくはユニ〇ロ?もしくはG〇?。
商品棚で衣類を物色中の女の子に接近して背後から撮影。

売り場の登り階段でも背後からつけまわしてスカートの中を狙っていく。


商品棚の前、しゃがんだ女の子はソックス等を手に取る。

細くて可憐な指先で商品を手に取る仕草がそそる。
ここで撮影者は少し強引に女の子の前方に鞄を押し込んで
スカートの中を撮影しようとする。

この時、女の子は何かを察知したのだろうか(?)
自分のバッグで前方を隠すような仕草を見せる。


買い物を済ませた少女を更に尾行して駅に向かう。

改札を抜けてホームへと向かう登りエスカレーター。
背後から撮影するが、
逆光のためスカートの中までは鮮明に写っていない。


駅のホームで電車待ちの少女。


ホームのベンチに座り、
スマホを触りながら電車を待つ少女の全身を撮影。
このシーンで初めて少女の顔が鮮明に写される。

個人的に言うと特別美形でもないが、
目に力が無く弱々しい感じ、綺麗な鼻筋、
上唇の厚みや形が所謂コケティッシュな顔立ちで、
そそられる。


顔の表情、ローファーの靴先から太股あたりを望遠で撮影。
太股のモチモチした触感までが伝わってくるようなフェチッシュなシーン。

電車に乗り込み女の子を・・・。

撮影者は女の子と一緒に電車に。
カメラは女の子の顔を接写。

そして背後からスカートの中をローアングル撮影。
かなり鮮明でリアル感のあるシーン。

男はスカートの中に手を入れて、
指先で女の子の内腿やヒップを触る。
男の手を払い除けようと抵抗する女の子。
必死で耐える女の子の屈辱の表情もリアルに撮影。

これは到底演技だとは思えないが・・・。

女の子は自分の鞄を後ろに回して痴漢の手をブロックする。
それも束の間、男の手は鞄を徐々に払い除けてしまう。

下着をずり下ろそうとする痴漢の手に対して、
女の子は必死の抵抗。
それも虚しく、
やがて下着を強引に切り取られて、
剥ぎ取られてしまう。

露わになった彼女の恥部は無毛。
この年代の女の子でも剃毛している子が多いのか・・。
(統計によると女性の20歳以降の剃毛率は2.4%だとか)

女の子は抵抗しながらも恥部に指を入れられたり、
ペニスをお尻や恥部に擦り付けられる。
痴漢の指には女の子の愛液がベッタリと・・。
挙句は何度も挿入されて最後には射精まで受けてしまう。
男の精液が滴り落ちるシーンも・・・。

 

電車を降りた女の子を自宅まで尾行

 

そして彼女の部屋が知られてしまう。

この動画のクライマックスは約48分間に及ぶ睡眠レイプのシーン

薬物で眠らされた女の子は
覆面を被った撮影者の男に虐められる。

男はハメ撮り撮影や固定カメラで巧みに撮影。

女の子の胸はかなり小さめで、体型はまだ幼さが残っている。

無垢な寝顔の女の子は頬、唇、鼻を舐めまわされたり・・。

無毛の恥部にペニスを擦り付けたり、
ゆっくりと膣に出し入れを繰り返して女の子の反応を試したりと・・。
その手の性癖を持つ人間には堪らない。

ただ、この子のバストは小ぶりなので
巨乳がお好みなら視聴を避けた方が良い。

 

【注意事項】
※本作品の出演女性は身分証にて18歳以上と確認済みの方です。
※出演女性の同意の元撮影しています。

《お気に入り娘》【電車痴漢】【自宅盗撮】【睡眠姦】色白で小さな妖精 純白P #7動画の視聴はコチラ

レイプドラッグによる女性の性被害
性被害者:女の子は襲われたときに無抵抗になってしまう「凍りつき症候群」に・・・