性被害に遭ったとき無抵抗になってしまう

性被害に遭ったとき無抵抗になってしまう・・

【凍りつき症候群】

頭が真っ白になって呆然自失状態になってしまうこと。
一切の思考回路が停止し、
思考停止状態になってしまうこと。
「ショック相」とも呼ばれています。

襲われた女の子は思考停止状態に・・

女の子が突然襲われた際、
あまりの唐突な強襲に頭が真っ白に・・。
そして、抵抗したり声を出すことさえ出来ません。
それはおろか、
茫然自失の状態に陥ってしまいますから、
女の子は思考停止状態になり
正確な判断が出来ないまま、
加害者に弄ばれてしまいます。
足がガクガク震えたり、腰が抜けてしまったり、
筋肉が弛緩する状態になったりしていますから、
意識はあっても身体を全く動かせない状態です。
その時間の経過とともに、
着衣を徐々に脱がされてしまい、
ワイセツ行為や性交渉に及んでしまうのです。

抗ショック相

襲われながら時間が暫くたつと、
被害者の女の子はストレス反応により、
「抗ショック相」と呼ばれる精神状態になってきます。
闘争ないし逃亡を試みる段階になります。
しかし既に加害者によって拘束された状態では、
儚い抵抗しかできず、逃亡も諦めざるを得ません。

加害者の言いなりに・・

抵抗も逃亡も出来ないと判断したあとは、
「従順」と「懐柔」という領域の精神状態になります。
これは、加害者に対して従順になり、
身を任せて言いなりになり相手を刺激させないように考えます。
理由としては、
女の子が加害者に従順に振る舞うことで、
最悪の「死」ということから自分を守るための防衛反応です。
興奮状態で襲ってくる相手に逆らわずに、
恥部を触られても衣服を脱がされても、
されるがままに従います。

そしてなんとか相手を「懐柔」して
被害を最小化しようとします。

抵抗して犯人を刺激するよりも、
むしろ従順になって
「暴力をふるってほしくない」
「この時間が早く終わってほしい」
「早く立ち去ってほしい」
怪我をせず殺されず、とにかく「生還」を願う気持ちです。
また妊娠を避けたいがために
「せめてコンドームを付けて」と頼んだりします。
これも女の子にとって最悪の被害を免れようという努力です。
※こうなってしまうと合意の上の性交渉に近くなりますが、
女の子にとっては身体の被害を最小限に抑え、生き延びるための必死の抵抗策ということです。
性犯罪の犯行が長時間続いた場合,
被害者は「抗ショック相」に移行して抵抗力が回復し,
身体が動けるようになったとしても,
既に犯人の方が優位に立っているので,
今更犯人と戦ったり,逃げたりするのは困難な状態に陥っていますから,従順に振舞うしかありません。

「抗ショック相」の状態で酷い屈辱的な行為を受けた場合

重いPTSDに陥るケース
抗ショック相の間に猥褻行為や性被害を受け続け、
長時間身体を触られたり舐めまわされたりと、
酷い屈辱に耐えながら頑張った女の子は、
重いPTSDに陥るケースが多いと言われています。
理由として、
抗ショック相の反応で、アドレナリンが出ることにより記憶が増強されますので,犯人から受けた屈辱の行為や情景を鮮明に記憶してしまいます。
また、犯人に身体を触られた手の感触や声・におい等を鮮明に記憶してしまいます。
しかも,犯人に身を任せて全ての屈辱行為を受け入れてしまい、
従順に振る舞ってしまった自分の情けない姿をとてもよく覚えているので

重いPTSDを発症するということです。
※画像は全てイメージです。